×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職情報の入手先/民間

求人情報誌

最も手軽な転職情報の入手先の定番でしょう。
どこかに出かけたり、書類を書いて登録する必要がなく、書店、コンビニで入手できる手軽さは一番です。

この求人情報誌の転職情報(求人)は、求人を出す企業とそれを受けた情報誌の出版社の間で作られます。
つまり、その記載内容とその対応に関して外部の干渉、監視や両者間での評価がほとんど無いのです。
利用されたことのある方の中には、履歴書を送り、いつになっても連絡が来ない。 面接に行ったら、条件が全々違う。という経験をお持ちの方も…。
履歴書を郵送してからいくら待っても来ない連絡を待ち、電話を離せない不安や、面接で「話が違う!」と思いつつ条件を受けてしまった経験がある方も多いのでは。

もちろん、全部が全部ではないのでしょうが、このような可能性もあります。
特に正社員を目指して転職活動をされている方は、高い意識で臨みましょう。

スポンサードリンク

転職支援サービス

民間の職業紹介・あっせん会社が、有料で企業へ求人内容にあった転職者を紹介するサービスです。
企業から支払われる金額は7桁ほどで、企業側はそれに見合う人材を求め、あっせん会社はそれに応える人材を提供します。

あっせん会社では、人材の質を高めるため、履歴書、経歴書の書き方や面接の受け方を転職者に教育したり、場合によっては、資格取得やセミナー出席費用を負担することもあります。

転職後、採用条件が違うとか、人材が求人内容に合っていないなど、 転職者を通して、求人側の企業と提供側のあっせん会社とが評価し合うことになり、 それにより、転職者が入手する転職情報の信頼性が高くなります。

この転職支援サービスは、転職者には無料です。旨く利用しましょう。

このサービスで、パソコンソフトのセミナーに出席、運転免許の取得など、転職に向けた活動が可能です。

・『転職支援サービス』を利用する。