×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

失業手当給付日数を増やす

失業手当の基本手当を受けられる期間は、

原則として離職の翌日から1年間です。
その期間の中で、離職理由、離職時の年齢、被保険者であった期間等によって定められた期間、90日から360日の範囲となります。

概ね若い方の給付日数は短くなります。
しかも、自己都合退職者の場合、4ヶ月目の入金になります。

しかし、4ヶ月目まで待たなくても給付される方法があります。
さらに、給付日数を超えても支給されます。
ただし、学習意欲のある方、向けです。

それは、公共職業訓練を受講する方法です。
公共職業訓練には、
都道府県など自治体が運営する「技術専門校」と
独立行政法人雇用・能力開発機構・ポリテクセンターが運営する「ポリテクコース」です。

この学校は以下の特徴があります。
 @ 入学金や授業料は無料
 A 失業手当受給しながら通学できる
 B 給付日数を超えても受給できる
 C 日当・手当・交通費が付く
 D 学割が使える
 E 受講生狙いの求人がある
 F 技術が学べる
 G 受講時間が短い 例9時から15時
 H 就職すると退学になる
 I 卒業証書がもらえる
 J 毎日通う場所ができる
 K 同じ境遇の仲間ができる
受講しないと、損です。

スポンサードリンク

もちろん、再就職のための技術を習得することが目的ですが、
短期間の受講で習得できることは、限られています。

失業中は、通勤が無いため、生活が乱れてしまいます。
再就職した際、体や気持ちがついていけず、すぐに退職してしまう方が、意外と多いです。
この面でも、職業訓練を受講するために毎日通所する強制力で、体と気持ちを次の仕事に向けて準備することができます。
これは意外と重要で役に立ちます。
(なお、訓練を休むと、当日の手当が出ません。)
もちろん、受講期間の途中、いつでも再就職できます。
また、同じクラスで、年齢、職歴が多様な方が受講されています。
通常では会うことがない失業仲間ができます。
受講中や卒業後の情報交換や、動機付けを高めるなど、技術習得以上に財産になります。
私は今でも、この失業仲間の方々とお付き合いがあります。

おそらく、失業した今しか受講できません。
この機会を旨く生かしてください。
条件など、いろいろあります。詳しくは、ハローワークで確認してください。