×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

失業者の所得税 税務署へ行く

税務署に行く前に書類を準備します。

・給与所得の源泉徴収票
・退職所得の源泉徴収票 特別徴収票…無い場合、所得税がかかります。
・国民健康保険料年間納付金のお知らせ(任意継続の健康保険)
・国民年金保険料控除証明書
・住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書
・生命保険料控除証明書…満期返戻金の有無別に集計します。
・損害保険料控除証明書…満期返戻金の有無別に集計します。
・病院に支払った医療費の領収書…集計します。10万円以上で控除可。
・還付金の振込み先、預貯金口座
・印鑑
・電卓

その他、『関係有りそうな書類は全て』用意します。
紙はコピーをとって、控えを保管することをおすすめします。

これを持って、税務署に行きます。2月初旬がおすすめです。
この季節になると、税務署に『確定申告』特設会場が設置されています。
そこでは、担当の職員さんが親切に書き方を教えてくれます。

特に初めて失業した人にとっては、『確定申告書』は、書いたことの無い役所の書類です。
解らなくて当たり前です。
その解らない人のために、特設会場があり、担当の職員さんが就いています。
控除の可能性が有りそうなものは、全て確認しましょう。
書き方をよく聞いて『確定申告書』を作ってください。
間違ったら直してくれます。
わざわざお客さんが、お金を払いに自分の会社(税務署)に来てくれるのです。
普通の会社なら、お茶くらいは出してくれます。
解らないことは遠慮なく聞きましょう。

スポンサードリンク

失業手当の金額では生活できない。
少しでも可能性が有れば行動して、取戻しましょう。
たとえ、わずかな金額でも失業者には貴重な還付金です。
「還付される税金」欄に数値があると、わずかでも、うれしいです。