×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

転職先 請負会社

転職先 請負会社

一見、人材派遣会社と似ていますが、大きく違う労働形態です。

請負とは、請負会社が注文主と請負契約を結び、仕事の結果に対して報酬をもらうことです。
請負業者が、自ら雇用している労働者に指揮命令して仕事を完成させます。
アウトソーシング(業務の外部委託)として急激に普及しています。

請負会社の従業員が、注文主の会社内で作業する場合、注文主から作業の指示をうけたり、 共同作業を行うなど実態が人材派遣スタッフと変わりない場合、労働者派遣法違反となります。
この偽装請負は、請負会社の作業の管理が省け、注文主は自社の社員と同様に勤務管理ができることや、 人件費アップを避けたい意向によります。
作業者以外にとって、都合が良いのです。

本来の請負は、請負会社が注文主から独立して仕事をします。
請負会社がどれだけ注文主からの独立性を保てるかは、自前のノウハウや設備、 その技術の高さによるものが大きいです。

個人と企業との間でも「請負契約」があります。
この場合、両者の力関係で、特に個人が注文主(企業)の会社内で作業する場合は、人材派遣や雇用契約と変わらない実態が多く観られます。

仕事の効率を上げ、利益を上げるために、また、健康面でも、注文主との業務・仕様の打合せと、 実作業の切り分けをはっきりと付けて、独立性を保つことが必要です。

スポンサードリンク